メニュー 閉じる

i-Smile|ラクラク英語マスター法という学習法がどのようなわけでTOEIC受験に好影響を及ぼすのかというと…。

NHKラジオで絶賛放送中の英会話の語学番組は、好きな時にオンラインでも視聴できるので、ラジオの英会話番組の中でも大変な人気で、コストがかからずに密度の濃い内容の英会話プログラムはありません。

とりあえず直訳はしないようにして、欧米人が発する言い方を模倣する。日本人の着想で適当な文章を書かない。普通に使うことの多い表現であれば、それだけ日本語の表現を変換しただけではナチュラルな英語にならない。

 

i-Smile内容なら、とある英語スクールは、「初心者的な会話ならなんとか話せるけれど、現実に話したいことが滑らかに表現できないことが多い」という、英語経験者特有の英会話の迷いを乗り越える英会話講座だと言えます。

効果的な英語の勉強をする場合は、①とりあえず最初に繰り返しリスニングすること、②意識そのものを日本語で考えることから英語にする、③一度覚えたことを肝に銘じて継続させることが求められます。

英会話においては、知らない単語が出てくる事が大抵あります。そんな場面で大切なのが、話の流れからおそらくこんな中身かなと推察することなのです。

 

私の経験では

いわゆる英単語学習ソフトを駆使して、約2、3年位の勉強だけでアメリカの大学院入試に合格できる程度の基本語彙を会得することができました。

ただ聞き流すという英会話シャワーだけではリスニング効率は成長しない。リスニング効率をアップさせたいならばやっぱり、とことん音読することと発音の練習が必須なのです。

『スピードラーニング』方式の最も際立っている点は、聞き続けるだけで英会話そのものが習得できる部分にあり、英会話を体得するには「英語独自の音」を聞き分けられるようにすることがポイントなのです。

英語という言葉には特徴ある音同士の連なりがあります。この知識を着実に理解していないと、どんなに英語を聞いたとしても単語を聞き分けることが可能にはなりません。

最近よく耳にする「30日間英語脳育成プログラム」は、耳から入ったことを会話してみて反復しておさらいします。そのようにすることにより、英語を聴き取る力が急激に前進するというトレーニング法なのです。

 

意味することは

話されていることが滞りなく聞き取ることができるレベルに達すると、表現そのものをひとつの塊りにして記憶の中に貯めることができるようになるだろう。

意味のわからない英文があるとしても、無料で使える翻訳サービスや沢山の辞書サイトを活用したら日本語に翻訳できますので、それらのサイトを見ながら自分のものにすることをみなさんにお薦めします。

何かやりながら英語を聞き流す事自体はとても大事なことですが、1日20分ほどは集中して聞くようにし、スピーキング学習や英文法を学習することは存分に聞くことをやってからにしましょう。

英語の文法テストなどの知的技術だけでは英会話はうまくならない。文法よりも、英語での対話能力を高めることが英語を操るために特に求められる事であるという発想の英会話講座があります。

ラクラク英語マスター法という学習法がどのようなわけでTOEIC受験に好影響を及ぼすのかというと、そのわけは世の中に浸透しているTOEIC対策の教科書や受験クラスにはないユニークな観点があるということなのです。

公益社団法人日本工業英語協会

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です