メニュー 閉じる

i-Smile|そもそも直訳することは排除し…。

私の経験ではフリーソフトの英単語学習プログラムを駆使して、ほぼ1、2年くらいの学習をしただけでGREに通用する水準のボキャブラリーを習得することができたのです。

 

i-Smile価格でも、人気のニコニコ動画では、学業のための英会話の動画だけではなく、日本語や普段利用する一言などを英語でどのように言うかをセットにした動画を公開しています。

いったいなぜ日本の学校では、英語でよくいう「Get up」や「Sit down」と言う場合に、カタカナで「ゲット・アップ」や「シット・ダウン」とくっきりと発音するものなのか?こういう場合は「ゲラッ(プ)」「セダン」と発する方がよい。

英会話学習の場合の意識というより、実際英語をしゃべるときの精神的なものになりますが、発音の誤りなどを怖がることなくどしどし話していく、このスタンスがスムーズな英会話ができるようになるコツなのです。

英単語の知識などの技能をアップさせるだけでは英語は話せない。そんなことよりも、英語のEQ(感情知能指数)を高める方が英語を駆使するために最優先で外せないことだということがベースになっている英会話レッスンがあるのです。

 

仮定ですが

現時点でややこしい言葉の暗記に苦悩しているとしたら、すぐにでも打ち切って、実際的にネイティブに英語を話す人間の発音を慎重に聞いてみましょう。

一般的な英語の成句や、名言、格言、ことわざ等から、英語学習を行うという方法は、英語という勉学を長きにわたり持続するためにも、どうしても活かして頂きたいと思います。

ある英会話サービスの学習方式は、少し前に話題をさらったフィリピンの英語教育を活かしたプログラムで、楽しく英語を勉強したいというたくさんの日本人に英会話を身に付ける機会をかなり廉価で用意しています。

そもそも直訳することは排除し、欧米人のフレーズそのものを模倣する。日本人的な発想で変な文章を作り出さない。普通に使われる表現であればある程、日本語の単語を単純に置き換えしただけではこなれた英語にならない。

欧米人のように発音するためのノウハウとしては、ゼロが3個で「thousand」と意識して、「000」の左の数を正しく言うようにすることが大切です。

 

暗記によって一時しのぎはできても

どれだけ進めても英語文法自体は体得できない。そんなことより理解に及んで全体を捉えることができる力を手に入れることがとても重要なのです。

確実な英語の勉強をするとしたら、①第一にこれ以上聞けないほど聞きまくる事、②次に脳を日本語から英語に切り替える、③一度暗記したことを肝に銘じてキープすることが肝心だと思います。

最近評判のロゼッタストーンは、英語だけでなく30言語を超す会話の学習ができる語学学習教材ソフトウェアです。ヒアリングをする事はもとより、ふつうの会話ができることを目標にしている人達にふさわしいものです。

YouTubeなどの動画共有サイトとか、辞書検索とかSNSなどを使うと、国外に出ることなく手間なく英語にどっぷり漬かった状態が形成できるし、とても有益に英語の訓練ができます。

あなたに推薦したい映像教材は、英語のリスニングとスピーキングを主要な母音・子音の30音で訓練するものです。30個の音の唇の動き方がものすごくやさしく、有用な英語力そのものが得られます。

一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です